障害年金の「働きながら」に関するQ&Aの一覧

障害年金のことなら障害年金.jp

障害年金ならお任せください
障害年金に関する無料相談は06-6429-6666までどうぞ!平日9時から20時まで受け付けています
 

「働きながら」の検索結果

収入減を障害年金で補うことができればと考えているのですが、受給は厳しいのでしょうか?
私の母は現在55歳です。3年前に会社の健康診断でひっかかり、「原発性胆汁性肝硬変(PBC)」と診断されたそうですが、すぐに症状が出るものではないということで、時々病院に行く程度で、今まで通り仕事を続けていました。しかし最近は特に疲れやすいようで、仕事も短時間勤務に変えたのですが、その分収入が減ってしまいました。障害年金で補うことができればと考えているのですが、受給は厳しいのでしょうか? 
障害基礎年金2級の条件は就労不可なのに、働けるとなれば不正受給になりますか?
私は双極性障害と診断されているため、障害基礎年金を申請したところ、2級が認定され、現在支給されています。申請当時は波がひどく、就労は全く不可能でした。しかしその後状態が安定し、認定の結果が出る前にアルバイトを始めてしまいました。障害基礎年金2級の条件は就労不可なのに、働けるとなれば不正受給になりますか?そうなると、返還や追徴されることもあるのでしょうか?
将来のために貯蓄をしたい。こんな動機で障害年金を申請してもいいのでしょうか。
2年前から統合失調症と診断されております。障害年金について主治医に相談したところ、もらえるかもしれないとのことでした。ですが、国民の血税から、私なんかが障害年金をもらってもいいのかと悩んでおります。生活は実家暮らしなので困っておりませんが、年金をいただけたら、両親に少しでも恩返しをし、将来のために貯蓄をしたいと思っています。こんな動機で障害年金を申請してもいいのでしょうか?
働きながら障害厚生年金3級をもらうと、年収によってもらえないことがありますか?
知人から聞いた話ですが、働きながら障害厚生年金3級をもらうと、年収360万円以上で減額、460万円以上ならもらえないそうです。本当ですか?