障害年金の「大腿骨変形」に関するQ&Aの一覧

障害年金のことなら障害年金.jp

障害年金ならお任せください
障害年金に関する無料相談は06-6429-6666までどうぞ!平日9時から20時まで受け付けています
 

「大腿骨変形」の検索結果

人工骨頭置換術を受けた日が国民年金加入中なので、障害年金3級を受給することは無理なのでしょうか。
私は厚生年金加入中に妊娠し、8か月目まで在職し、退職後は夫の扶養に入りました。臨月が近づく頃に左足の痛みが強くなったため整形外科を受診したところ、妊娠により骨が圧迫され大腿骨を疲労骨折していると言われました。そして出産後に人工骨頭置換術の手術を受けました。現在は、普段の生活には支障はない程度までに回復しています。私の場合、妊娠した時は厚生年金加入中ですが、置換術を受けた日が国民年金加入中なので、障害年金3級を受給することは無理なのでしょうか。
就労中だと障害年金3級が認定されるのでしょうか?
私は3年前に交通事故にあい、左股関節脱臼、左大腿骨骨頭骨折のため身体障害者手帳4級を取得しました。今は杖を使ってなんとか歩ける状態です。仕事も継続しています。会社の総務の方に障害年金がもらえると教えてもらったのですが、就労中なので3級だと言われました。私は障害年金3級が認定されるのでしょうか?
現在は厚生年金に加入しているので、人工股関節で障害厚生年金3級が受けられるのでしょうか?
私は10代の高校生の時にバイクで事故を起こし、右足を負傷しました。大腿骨頭部分が欠けてしまい、医師から、将来は普通に歩けなくなる可能性があると言われていました。その後、特に通院や治療はなく20年以上普通に過ごしてきましたが、やはり40歳を過ぎたあたりから歩くたびに右足の股関節が痛むようになりました。変形股関節症と診断され、去年、人工股関節の手術を受けました。私は、現在は厚生年金に加入しているのですが、障害厚生年金3級が受けられるのでしょうか?