障害年金の「骨髄異形性症候群」に関するQ&Aの一覧

障害年金のことなら障害年金.jp

障害年金ならお任せください
障害年金に関する無料相談は06-6429-6666までどうぞ!平日9時から20時まで受け付けています
 

「骨髄異形性症候群」の検索結果

多発性骨髄腫で障害年金をもらうことは可能でしょうか。
私は3か月前に受けた血液検査で異常を指摘され、多発性骨髄腫と診断されました。まだ第1段階だそうで、症状も軽い貧血がある程度なので、現段階では何の治療もなく経過観察をするしかないということです。しかし、来月には60歳になるため定年退職となり、この病気を抱えながらの再就職は難しいようで、老齢年金をもらう年齢にも達していないので、しばらく無収入の状態になります。この病気で障害年金をもらうことは可能でしょうか。
骨髄異形成症候群で障害年金を受給することは可能なのでしょうか。
昨年、夫が骨髄異形成症候群と診断されました。毎週二度の輸血のため通院をしており、タクシー代やその他もろもろの費用がかかり、貯金を崩しています。仕事は休職中で傷病手当金をいただいていますが全く足りず、特に入院した月は倍の金額がかかります。あと半年ほどで傷病手当金が終了しますが、復職の目途は立たないため、退職して退職金をいただくか検討中です。難病に指定されているようなのですが、このような状況で障害年金を受給することは可能なのでしょうか。