腎疾患による障害による受給例

障害年金のことなら障害年金.jp

障害年金ならお任せください
障害年金に関する無料相談は06-6429-6666までどうぞ!平日9時から20時まで受け付けています
 

腎疾患による障害による障害年金の受給事例

当事務所が腎疾患による障害でお困りの方について、障害年金の申請を代行した事例を紹介します

慢性腎不全で障害厚生年金2級(再審査請求) | 西宮市40代女性

自身で請求、審査請求を行ったが、いずれも認められず、再審査請求からご依頼いただいた。

現在は40代半ば、20代の頃、会社の健康診断で尿蛋白を指摘された。

慢性腎不全で障害厚生年金2級 | 三田市50代男性

約20年前に腰の痛みにより受診したところ、多発性嚢胞腎との指摘を受け、その後は妻の協力を得て塩分を控える食事を継続し、約10年間異常がなかった。

今から10年前、倦怠感が続いていたある日、突然頭がふらふらして立っていることができなくなり受診、異常な高血圧であった。

慢性腎不全で障害厚生年金2級 | 川西市30代男性

3歳時検診にて腎臓の異常を指摘され、慢性糸球体腎炎と診断された。

激しい運動を控えるよう注意を受けたが、その後全く異常はなく、定期的な検査を受けることもなかった。

慢性腎不全で障害基礎年金2級 | 明石市40代男性

30代の頃、脳出血にて緊急入院した際に受けた検査で腎臓の異常を指摘された。

当時は自覚症状はなく、また、脳出血のリハビリで精一杯であったため、特に腎臓を意識していなかったが、薬の処方だけは受けていた。

糖尿病性腎症で障害基礎年金2級 | 尼崎市40代女性

高校の健康診断の際に尿糖を指摘されていたが、自覚症状はなかったため受診しなかった。

その後10年ほど経ってから、自覚症状はなかったが気になり受診。

慢性腎不全で障害厚生年金2級 | 川西市50代男性

15年前に会社の健康診断で尿糖+との指摘されたが、仕事が多忙であったことから受診せず。

喉が渇き1リットルの水を一気に飲むことがあり受診したが、それ以上の自覚症状もなく、転勤が多かったため受診と中断を繰り返した。