障害年金の申請業務を収益の一つにしたい社労士様へ

障害年金のことなら障害年金.jp

障害年金ならお任せください
障害年金に関する無料相談は06-6429-6666までどうぞ!平日9時から20時まで受け付けています
 

障害年金申請の確実なノウハウを
獲得したい社労士様へ

元厚生労働省事務官で受給率90%以上の
社労士がノウハウをすべてお伝えします!

さらにクライアントも紹介します

年金制度は大変複雑な制度で、社労士試験での知識はほとんど役に立ちません

このページにアクセスしただいた社労士様は収益のひとつに、障害年金の申請を加えようとお考えだと思います。

年金制度は大変複雑な制度で、社会保険労務士試験での知識はほとんど役に立ちません。

しかし、心配いりません。

私の障害年金申請の社会保険労務士グループへにご参画ください。

受給率90%以上の実績を持つ私がノウハウのすべてをお伝えいたします。

受給率90%以上の実績の根拠

年間1,000件以上の相談、年間100件以上の申請業務をした結果、受給率は90%以上です。

また年に5回程度、障害年金に関するセミナーに招かれて講師の活動もしています。

受給率90%以上という数字を出せる根拠

私は元・厚生労働省の事務官でした。

  • 役所に存在する役所の論理
  • 役所の物の見方
  • 役所の判断の仕方

これらをすべて熟知しています。私自身が役人だったから当然です。

この後にお話ししますが、障害年金業務は一般の方にとっては複雑怪奇です。

だから、ほとんどの社労士は90%という数字は出せません。

障害年金の申請に関するノウハウ本など、たくさんの資料が世の中に存在します。
しかし、それらには決定的に足りないことがあります。

それは「役所に存在する役所の論理、役所の物の見方、役所の判断の仕方」です。

厚生労働事務官としての経験は障害年金請求において非常に大きな武器となっています。

これが90%以上という数字の根拠です。

障害年金申請業務には役所の論理への理解が不可欠

兵庫県では、精神・知的障害の方々の不支給となった割合は56%でした。

社労士ではなく一般の方の申請が多く含まれていると思いますが、これは異常な数字です。

障害者団体などからは「国が出し渋っているのではないか」との指摘が出ているほどです。

しかし、絶対に何か書類に不備があったはずです。

役所の論理を理解し、不備のない書類を作ればいいのです。

このノウハウを惜しみなく提供いたします。

ぜひ、社労士業務に追加し、お客様の笑顔を勝ち取っていただきたいと思います。

社会保険労務士グループの理念

障害年金を受給できる資格を持つ人は100%もらえること

ご存知のように、障害年金は国の施しではありません。

老齢年金や遺族年金と同様に、国民が正当に受給できる権利があります。

本来は、障害をお持ちの方ご自身で申請し、受給できればいいのですが、不支給となるケースが多いのが現状であることは上で述べた通りです。

私たち、社会保険労務士がお手伝いすることで、日本中の障害をお持ちの方すべてが確実に受給できるようにしたいと考えています。

この業務はビジネスであると同様に、ふつうに障害年金をもらえる社会にすることへの理念に賛同いただけるかたに参加いただきたいのです。

ノウハウだけでなく、クライアントも紹介いたします

全国から依頼が来ますが、私は兵庫県のためすべてに対応できません

当サイトには全国から問い合わせや申請代行の依頼が届きます。

しかし、私は兵庫県尼崎市が拠点なので、京阪神しかカバーができないため、遠方からのご依頼はお断りせざるをえない状況です。

2015年7月にオープンした当サイトはこれからどんどんアクセスが増えていきます。
なぜなら、確かな実績のあるホームページ制作会社とタッグを組んでいるからです。

そういった理由で、申請の依頼がさらに増えていくのは確実ですが、遠方からのご依頼をお断りするのは本当に申し訳ないと思っています。

当社労士グループにご参画いただけましたら、そういったお客様をどんどんご紹介いたします。

ぜひ、ご参画をご検討ください。

お気軽にお問合せください。

当グループに関することなどお気軽にお問い合わせください。

費用対効果のあるグループかどうか、ご納得いただけるまでご質問ください。

お問合せフォームへ

お電話でも承ります

06-6429-6666

平日9:00~20:00