障害年金の「糖尿病性壊疽」に関するQ&Aの一覧

障害年金のことなら障害年金.jp

障害年金ならお任せください
障害年金に関する無料相談は06-6429-6666までどうぞ!平日9時から20時まで受け付けています
 

「糖尿病性壊疽」の検索結果

糖尿病性壊疽で右足の指3本を切断したのですが、障害厚生年金はもらえるのでしょうか?
私は45歳の時に糖尿病性壊疽で右足の小指、薬指、中指の3本を切断しました。歩くことは可能ですが、バランスが悪く、反対の左足にも負担がかかり、腰痛もひどいです。現在50歳で、切断した時も今も厚生年金に加入しています。この場合、障害厚生年金はもらえるのでしょうか?
64歳の時に右足をひざ下から切断しているので、障害基礎年金を受給することは可能なのでしょうか?
私の父は現在66歳で、老齢基礎年金を受給していますが、今まで自営業であまり保険料を納めてこなかったため、年金の額は少額です。父は30代の頃から糖尿病で、64歳の時に糖尿病性壊疽で右足をひざ下から切断しているので、障害認定日はギリギリ65歳未満ですし障害基礎年金2級になると思うのですが、今からでも申請して受給することは可能なのでしょうか?
義足で歩行が可能な状態では、障害厚生年金はもらえないでしょうか?
私は50代男性です。昨年、糖尿病性壊疽で右足をひざ下から切断しました。義足で歩行が可能となり、階段の上り下りまでできるようになりました。この状態では障害厚生年金はもらえないでしょうか?
足を切断し義足となった場合は、母は障害年金をもらうことができるのでしょうか。
私の母は現在60歳で、30代の頃から糖尿病を患っております。インスリン注射で血糖値のコントロールを長年続けてきました。昨年末に足の先端に傷をつけてしまい、薬をつけたり病院できれいにしてもらうなど治療を続けてきましたが、傷口の状態は悪化する一方で、いよいよ切断するかどうかの瀬戸際まで進行してしまいました。もし足を切断し義足となった場合は、母は障害年金をもらうことができるのでしょうか。ちなみに母は、20代の頃に数年だけ厚生年金に加入し、28歳で結婚してからはずっと父の扶養に入っています。