障害年金の「光線過敏症」に関するQ&Aの一覧

障害年金のことなら障害年金.jp

障害年金ならお任せください
障害年金に関する無料相談は06-6429-6666までどうぞ!平日9時から20時まで受け付けています
 

「光線過敏症」の検索結果

精神疾患と光線過敏症とでは、どちらで障害年金の申請すればよいでしょうか?
私は現在パニック障害と不安障害で傷病手当金を受給しています。あと半年で打ち切りとなるので、障害年金の申請ができると聞きました。私は精神疾患以外にも身体の不自由があり、光線過敏症で日中の外出が困難なので、できる仕事が限られています。精神疾患と光線過敏症とでは、どちらで障害年金の申請すればよいでしょうか?
光線過敏症のことも障害年金の申請書に記入すれば審査にプラスになるでしょうか?
私は不安障害と身体表現性障害のため退職し、現在傷病手当金を受けています。まもなく期限の1年半が経過するので障害年金の申請をしたいと考えています。私の場合、光線過敏症もあるため、日中に長距離を移動することが困難で、そのため一般の会社に就職することが困難になっているのですが、そのことも申請書に記入すれば審査にプラスになるでしょうか?
間質性肺炎や光線過敏症により労働や日常生活が制限されている場合、障害年金の受給は可能でしょうか?
私は間質性肺炎という難病に認定されており、その関係で過度な労働は制限されています。服薬による光線過敏症により紫外線防止が必要であり、日常生活も制限されています。この状態で障害年金の受給は可能でしょうか?
光線過敏症で障害年金を受けることはできないのでしょうか?
私は光線過敏症の為、日中の外出には制限があります。車を所有しているので移動はすべて車です。しかし維持費や駐車料金もかさみますし、夏でも長袖長ズボンで、汗をかかないように空調も必要になります。できる仕事も限られるので収入も十分ではありません。私のような状態で、障害年金を受けることはできないのでしょうか?