障害年金を受給すると、税金や年金、医療費の支払いは負担することになるのでしょうか?

障害年金のことなら障害年金.jp

障害年金ならお任せください
障害年金に関する無料相談は06-6429-6666までどうぞ!平日9時から20時まで受け付けています
 

障害年金を受給すると、税金や年金、医療費の支払いは負担することになるのでしょうか?

私は視力障害で2級の手帳を持っています。

医師からは就労不可の診断をいただき、生活保護を受給しています。

私の場合、障害年金2級に該当するそうなのですが、

障害年金を受給すると、税金や年金、医療費の支払いはどうなりますか?

今は生活保護のため、毎月の通院、診察費(眼科以外の病院も含む)、

国民年金、家賃等は免除されています。

障害年金をもらえても、これらを負担することになるのでしょうか?

本回答は2019年7月現在のものです。

 

障害年金2級以上を受けることができる場合、

国民年金保険料については法定免除を受けることができます。

また障害年金は非課税所得ですので、税金がかかることはありません。

 

ただし、医療費や家賃等については、負担することになります。

 

生活保護制度は、生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、

自立を助長することを目的としています。

生活を営む上で必要な各種費用に対応して扶助が支給されます。

 

一方、障害年金は、保険料を納めるなどの要件を満たし、

障害の状態が認定基準に該当すると判断された方に支給される公的年金です。

年金額は一律、もしくは保険料を納めた分だけが支給され、

それ以外の住宅費や医療費等の支給はありません。

 

障害年金の性質

社会保障制度には、次の二つの制度があります。

  • 社会保険…生活上の困難がもらたす一定の事由(保険事故)に対して、被保険者があらかじめ保険料を拠出し、保険者が給付を行う。
  • 公的扶助…生活困窮者に健康で文化的な最低限度の生活を保障する制度。資力調査あるいは所得調査をともない、租税を財源としている。

 

生活保護などの公的扶助を受ける場合は、世帯全員の資産や能力を調査され、

支出の際は節約を図るよう努めなければなりませんが、

障害年金は、前者の社会保険に該当しますので、

資産があったり家族に収入があっても、影響なく支給されます。

 

これらを踏まえて、障害年金の申請についてご検討されてはいかがでしょうか。

 

なお、生活保護と障害年金の両方の受給権が得られた場合は、

以下のように調整されますので、ご注意ください。

 

生活保護と障害年金の関係

生活保護と障害年金の両方の受給権を得られた場合、

障害年金は満額支給され、生活保護費の方が調整を受けることとなります。

生活保護と障害年金は以下のような関係になります。

  • 最低生活費>障害年金の場合、障害年金は満額、最低生活費は障害年金との差額分が支給されます。
  • 最低生活費<障害年金の場合、障害年金は満額、最低生活費は支給されません。

 

◎障害年金の申請について

ご自身で書類をしっかり準備したつもりが、症状に合った等級が認められないケースや、不支給となるケースが見受けられます。

このようなことを防ぐためには専門知識が必要となりますが、そうなると社労士に相談するか関連書籍を参照しなければなりません。

当サイトでは1分で障害年金をもらえるか、カンタン査定をいたします。

◎社労士への依頼も合わせてご検討ください

審査を受ける機会は審査請求、再審査請求を含めて3回あります。
しかし、1度目の請求で認められない場合、2度目以降で決定が覆るのは、たった14.7%となっています。

より確実に認定を得るために社労士に申請を代行依頼する方法があります。
こちらも合わせてご検討ください。

お気軽にお問合せください。

障害年金は国の施しではありません。国民の権利です。

煩雑な手続きを代行し、権利を行使するお手伝いをしっかりさせていただきます。

どんなご相談でも承ります。お気軽にお問合せください。

お問合せフォームへ

お電話でも承ります

06-6429-6666

平日9:00~20:00