年収220万円くらいになるのですが、障害基礎年金は支給停止になるでしょうか?

障害年金のことなら障害年金.jp

障害年金ならお任せください
障害年金に関する無料相談は06-6429-6666までどうぞ!平日9時から20時まで受け付けています
 

年収220万円くらいになるのですが、障害基礎年金は支給停止になるでしょうか?

知的障害で障害基礎年金2級を受給し、障害者雇用で働いています。

合計で年収220万円くらいになるのですが、障害基礎年金は支給停止になるでしょうか?

また、税金も支払わなけれなならないでしょうか?

本回答は2020年6月現在のものです。

 

ご質問者様の場合、所得制限がありますが、年収220万円ほどであれば所得制限にはかかりません。

20歳前傷病の障害基礎年金の所得制限

扶養親族がいない場合、

  • 所得額4,621,000円を超えると全額支給停止
  • 所得額3,604,000円を超えると年金額の2分の1が支給停止

なお、世帯人数が増加した場合、扶養親族1人につき所得制限額が38万円(※)加算されます。

※対象となる扶養親族が老人控除対象配偶者または老人扶養親族であるときは、1人につき48万円加算。特定扶養親族等であるときは1人につき63万円加算となります。

 

所得額の中に、障害基礎年金の年金額は含まれません。

障害者雇用の給与のみであれば、さらに年収額は下がることが拝察されます。

所得制限を受けて支給停止になることはありません。

 

また、障害年金は非課税所得です。

税金額については、障害者雇用の給与に対して計算されます。

詳細は、勤務先等にご確認ください。

 

障害年金の申請について

ご自身で書類をしっかり準備したつもりが、症状に合った等級が認められないケースや、不支給となるケースが見受けられます。

このようなことを防ぐためには専門知識が必要となりますが、そうなると社労士に相談するか関連書籍を参照しなければなりません。

当サイトでは1分で障害年金をもらえるか、カンタン査定をいたします。

 

◎社労士への依頼も合わせてご検討ください

審査を受ける機会は審査請求、再審査請求を含めて3回あります。
しかし、1度目の請求で認められない場合、2度目以降で決定が覆るのは、たった14.7%となっています。

より確実に認定を得るために社労士に申請を代行依頼する方法があります。
こちらも合わせてご検討ください。

疑問などがございましたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問合せください。

障害年金は国の施しではありません。国民の権利です。

煩雑な手続きを代行し、権利を行使するお手伝いをしっかりさせていただきます。

どんなご相談でも承ります。お気軽にお問合せください。

お問合せフォームへ

お電話でも承ります

06-6429-6666

平日9:00~20:00