劇症肝炎で障害厚生年金3級が決定した受給例 | 伊丹市30代女性

障害年金のことなら障害年金.jp

障害年金ならお任せください
障害年金に関する無料相談は06-6429-6666までどうぞ!平日9時から20時まで受け付けています
 

劇症肝炎で障害厚生年金3級 30代女性のケース

倦怠感や夏バテの症状が激しくなり入院。
輸血、透析しても効果なく生体肝移植で一命を取りとめたケース

しばらくの間、倦怠感や食欲不振等夏バテのような症状が続いていたが、次第に倦怠感が激しくなり、黄疸が出始めたため受診したところ、入院をすすめられた。

入院して点滴治療を受けたが改善せず、ある日意識を失い劇症肝炎と診断された。

輸血、透析を何度もしたが効果が得られず、生体肝移植を受け一命を取りとめた。

術後、免疫抑制剤の投与を継続され、風邪薬も飲むことができず、力が入りにくい状態となっていたところ、知人から障害年金の可能性があるのではないかと教えてもらい、申請を考えた。

この女性のケースのポイント

  1. 慢性肝炎は原則として認定対象とされていない。
  2. 生体肝移植により検査数値、自覚症状、他覚症状にはある程度の落ち着きがみられた。

「その他の疾患による障害」で認定されるよう病歴就労状況等申立書を工夫

慢性肝炎は原則として認定対象としないが、今回は劇症化しており、また、臓器移植については「その他の疾患による障害」の基準が適用されると判断した。

生体肝移植により検査数値、自覚症状、他覚症状にある程度の落ち着きが見られたため、病歴就労状況等申立書により日常生活の不自由さをアピールするべく、丁寧に聞き取り申立書を作り込んだ。

総括

障害厚生年金3級の認定を得ることができた。

もし、慢性肝炎だけではおそらく不支給になったと思います

生体肝移植は「その他の疾患による障害」で認められていますので、病歴就労状況等申立書でそちらをアピールしました。

ご自身で障害年金を申請するにはかなりのリスクが伴います。

特に兵庫県では申請の大半を占める精神障害の不支給率が56%でかなり厳しい状況です。

当サイトを運営する社労士:中井智博の申請実績は支給率90%以上。

「社労士だから」でなく「元厚生労働省事務官」だから実現しています。

申請を検討している方は一度、中井への依頼をご検討ください。