心サルコイドーシス、高度房室ブロックで障害基礎年金2級が決定した受給例 | 尼崎市50代女性

障害年金のことなら障害年金.jp

障害年金ならお任せください
障害年金に関する無料相談は06-6429-6666までどうぞ!平日9時から20時まで受け付けています
 

心サルコイドーシス、高度房室ブロックで障害基礎年金2級 50代女性のケース

あまりにも息切れが苦しいので受診すると心サルコイドーシスと診断。
自身で障害年金の申請手続きをするも、不支給決定に。

約2年前から少し動くと息切れをするようになった。

症状が出始めた頃は加齢によるものだと考えていたが、あまりに息切れをし苦しいため受診して検査をしてみると、心サルコイドーシスとの診断を受けた。

このままでは危険であるとのことで、体外式のペースメーカーを、その2週間後にはCRT-Dを装着した。

知人からペースメーカーを装着していれば障害年金がもらえると聞いて、自身で手続きをするも不支給決定を受けて相談に見えた。

この女性のケースのポイント

  1. ペースメーカーを装着していると障害厚生年金3級相当となる。
  2. 障害基礎年金2級で認定される可能性のあるCRT-Dを装着している。
  3. しかしCRT-Dで障害基礎年金2級で認定されるには重症心不全に該当しなければならない。

CRT-Dを装着する重症心不全として申請。

ペースメーカーを装着していると、障害厚生年金3級の認定を受けることができるが、この方の場合、障害基礎年金での請求であり、3級非該当となってしまっていると考えた。

そこで、CRT-Dを装着しているため、重症心不全に該当するかどうかを検討、CRT-D装着前の心電図等を添付して審査請求した。

総括

障害基礎年金2級の認定を得ることができた。

まず今回のケースを考えるにあたり、前提として以下の知識が必要です。

国民年金に加入しているひと
障害基礎年金に申請します
厚生年金に加入しているひと
障害厚生年金に申請します

ペースメーカー装着は、障害厚生年金の3級です。つまり、厚生年金加入者が対象となるものです。

今回の方は国民年金加入者なので、対象外となってしまうのです。

そこで、障害基礎年金2級に相当するCRT-Dに注目し、申請書類を作成しました。

ご自身で障害年金を申請するには、リスクがあります。

なぜなら、審査を受ける機会は3回ありますが、1度目で認められない場合、2度目以降で決定が覆るのは、たった14.7%だからです。

より確実に認定を得るために、社労士に申請を任せることをご検討ください。

私は、依頼者様のつらさ、しんどさをお聞きし、的確に状況を把握し、「障害年金をもらえる書類を準備する」ことを常に意識しています。

現在、年間100人以上の障害年金受給の実績がありますが、決して流れ作業のような対応はしません。

じっくりと、しっかりとお話を伺うことが受給するためには必ず必要なことだからです。

日々の受給申請活動をブログとして記録しておりますので、ご参考にしてください。

まずは、1分で終わる「障害年金をもらえるか、カンタン査定」からご相談ください。

お待ちしております。